HOME | 導入 | データ作成について

データ作成について

クライアントへの入稿案内例

Adobe Illustrator、2レイヤーで入稿案内

フラッシュプリントのデータ処理作業は、Adobe Illustratorで行うため、同アプリケーションでの案内で作業が楽になります。また通常色データ(レイヤー)と反射色データ(レイヤー)を分けてもらうことで確認作業がスムーズになります。
 
その他のデータ作成に関しての詳しい解説は、ユーザー登録時にダウンロードされる取扱説明書をご参照ください。

レイヤー例
レイヤー例
スクリプトには間引きのラインを入れるための工程が入っています。この工程はPhotoshopなどに比べIllustratorでの作業が適しており、また同作業をPhotoshopで行うとデータの量がかなり大きくなります。そのためフラッシュプリントの製作はIllustratorで行っております。

フラッシュデータは発光データなので黒は光らない

 
 
発光データは黒いデータは見えにくい
発光データは白いデータは見えやすい

フラッシュプリントの発光データは、キャンパス(背景)が黒いと思っていただくと理解しやすいかと思います。
 
発光データなので白に近ければ見えやすく、黒に近ければ見えにくくなります。

参考